With over one hundred years of history, kimono specialty shop Kimono Yamato has been offering new ways to enjoy Japanese garments that meet the times while handing down the tradition of kimono culture and technique. From children to adults and casual to luxurious, customers will be sure to discover a kimono of their desire.

これまでの日常が変わり、
新しいライフスタイルにも
少しずつ慣れてきた頃。

自分にとって大切なものは何か、
そんなことを考える日々が生まれました。

今日や明日、何を着るのかという、
小さな決断、小さな決意。

その積み重ねの毎日に大切なのは、
今の気持ちに寄り添うきもの。

天気やその日の予定に
左右されることもあるけれど、
きものは程よい品の良さで装いをドレスアップしてくれる
心華やぐ存在。

そっとあなたに寄り添うきものが
揃いました。

きものやまと 新作秋冬コレクション 特集を見る >

Collection

Komon -HANAE MORI-(synthetic/with tailoring)

¥19,900+(handling fees)

Komon -YAMATO KAREN-(synthetic/with tailoring)

¥29,900+(handling fees)

Komon -YAMATO KAREN- (synthetic/with tailoring)

¥29,900+(handling fees)

Tsumugi(silk100%)

¥79,000+(handling fees)

Komon (silk100%)

¥99,000+(handling fees)

Tukesagehoumongi -YAMATO KAREN- (synthetic/with tailoring

¥79,000+(handling fees)

Easy Obi (made in Nishijin)

¥49,900+(handling fees)

Obi (polyester 100%)

¥18,000+(handling fees)

Obi (made in Nishijin)

¥69,000+(handling fees)

Obi (made in Nishijin)

¥69,000+(handling fees)

Obi (made in Nishijin)

¥69,000+(handling fees)

Obi (made in Nishijin)

¥49,000+(handling fees)

鏡の中の、大人びた自分と目が合う。
シャッターを押す父を前に
背筋がしゃんと伸びた、7歳の記憶。

誰ともかぶらない柄を選んだ。
誰かと同じ未来は歩くもんか。
晴々とした冬空と、20歳のあの日。

待ち合わせ。私に気づかぬあの人に、
思わず大声で手を振る。
背伸びして選んだ紺の浴衣の満足と、
見上げた花火で少し首が凝った、24歳の夏。

久々に取り出した、成人式の振袖。
迷って、戸惑って、大人になった実感など持てぬまま、
同僚の結婚式で拍手を送る、20代最後の春。

本日は晴天なり。晴天なり。
鏡に向かう私に、「そろそろですよ」と声がかかる。
支えたり、支えられたりしながら、
頼りないふたり同士で歩いてゆくんだ。
帯を直す母の真剣な目つきに思わず笑ってしまった、
今日、旅立ちの日。

年齢とか体重とか時代とか。
きもの は、数字を軽々と飛び越える。
22歳が着る。78歳が着る。
さまざまな体型の人が着る。
その時、その人が持つ力をぞんぶんに引き出し、ピカっと光を当てる。
それが、きものという衣服。
100年前に作られたものをはるか未来の人が着ても、
ちっとも違和感を感じさせない。
年齢ごとに出会い方があり、いつ出会っても新鮮がある。
そんな底力を持つのが、きものという衣服。
きっかけや覚悟だったり、はじめの一歩や挑戦だったり。
あなたの日々ときものが、いい出会いとなりますように。
ぜひ、私たちにお手伝いさせてください。

それは、一生に寄りそう衣服である。
それは、幸福にかかわる仕事である。

\ FOLLOW ME /